一時払い養老保険を確定申告する場合


保険に加入している場合、場合によっては確定申告などをしなければならないことがあるので注意しなければなりません。

例えば「一時払い養老保険」の場合でも次の2つの場合は確定申告をする必要があります。

気になるその2つのケースとはどういった場合なのでしょうか?

スポンサードリンク

1つ目は、生命保険料控除の場合です。この控除を受ける場合は、年末調整のときに手続きを行ったり確定申告の手続きを済ませないと
控除を受けることができないので注意が必要です。

2つ目は、満期時保険料または、解約返戻金などを受け取った場合です。契約者本人が受け取った場合には一時所得としてみなされるので、
これに課税される税金についてしっかり支払わなければなりません。

また一時払い養老保険を5年以内、もしくはちょうど5年で解約した場合は「20%の源泉分離課税」、
5年を越える場合は特別控除額である「50万円を差し引いた額からさらに2分の1にした額」を計算して、
一時所得として納税する必要があります。

ただ、こうした課税については必要がないのであれば行う必要はありません。
自分の一時払い養老保険の場合、こうした課税対象となるかをしっかり把握しておく必要があります。

不明な点などはしっかり質問して適切な納税を行うようにしましょう。


posted by GUEST at | 保険について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。