老後の生活資金を計算する


老後の生活資金は一体いくらになるのか計算したことはありますか?
若いうちは老後の生活と言われてもまだまだ先のことなので想像しにくいと思いますが、
定年が近づいてくるようになるとだんだん気になってくるものですよね。

老後の生活資金はこのままでいいのか、それとももうちょっと貯金した方がいいのかなど
不安に思ったりする事もあるかと思います。

不安を抱えたまま老後を迎えるのはあまりよろしくないですので、
まだ老後までに余裕があるうちに老後の生活資金について考えてみてはいかがでしょうか。

どれくらいの資金が必要になるのかは個人差があります。
今までと同じような生活をしていきたいのでしたら
今現在月にどれくらい生活費として使っているのか、
年間で計算するとどれくらいになるのかを調べてみましょう。

スポンサードリンク

そして自分が何歳まで生きるのかを予想して、
60歳から予想した寿命までの生活費を計算すると大体の生活資金が分かるかと思います。

もしかしたらもっと少なくてもいいかもしれませんし、
場合によってはもっと必要になることもあります。
ですが、大体の金額が分かるようになるのであとはその金額くらいの貯金があるかを確認してみてください。

まだ働いているのでしたら今後どれくらい貯金すればいいのかも計算しておくと
今後の目標が見えてきますよ。


posted by 定年後 at | 貯金や収入に関すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。