定年後の確定申告はどんな時に必要なのか


定年後の確定申告は人によっては行かなくても良いのですが、
場合によっては行かないといけないこともあるのでよく覚えておくようにしてくださいね。

定年後の確定申告についてちょっとよく分からないという人も多いと思います。
まず、定年退職をした翌年は必ず行きましょう。
確定申告を行うと多くの人は税金が戻ってくるようになります。

例えば「退職所得の受給に関する申告書」を退職時に提出した人。
これを提出すると確定申告の時に退職金を含める必要が無くなるので非常に便利なものです。
この他にも税率が20%以下だと退職金を含めていたとしても税金が戻ってくることがあります。
ただ、場合によっては追加分の税金を支払う必要があるので気を付けてくださいね。

スポンサードリンク

また、この他にも定年後の確定申告が必要になってくる人もいます。
それは定年後も変わらずに仕事を続けている人です。
こういった人の場合はきちんとした収入があるので毎年必ず確定申告に行かないといけません。

働いていなかったとしても不動産を売買したりして収入を得た時は
確定申告をしなくてはいけませんし、
この他にも医療費や何かの災害に遭った場合は税金が戻ってくることがあるので
そういった時も確定申告をすることを忘れないようにしましょう。



posted by 定年後 at | 老後生活に関する問題など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。