定年後に失業保険を貰うには


定年後失業保険の受給が可能になるのでそれを利用したいと思っている人もいるでしょう。
失業保険と年金の両方を貰うことができればかなり生活が楽になると考えている人もいますが、
実際は失業保険と年金の両方を貰うことができないので気を付けましょう。

定年後に失業保険を貰いたいと思っている人は手続きをする必要があります。
また、条件などもあるそうなのでどんな条件があるか見てみましょう。

条件はいくつかあります。
例えばまだ働く意思がある、心身ともにまだ働くことができる状態である、
定年退職をする6ヶ月以上前から雇用保険に加入しているなど
いろいろな条件があるので自分は当てはまっているか確認してみるといいかもしれません。

スポンサードリンク

また、給付期間などにも注意してください。
給付期間は手続きをして給付が開始されてから1年間というわけではなく、
定年退職をした日から1年間なので、手続きが遅れると受け取れる金額も少なくなってしまいます。

ですので、失業保険を受け取りたいのでしたら定年後、
なるべく早く手続きをするようにすると安心できるかと思います。

実際に給付が開始されるのは手続きを行ってから7日程度後ということですので、
定年後、いつ給付されるのかなどにも気を付けるようにするといいですよ。



posted by 定年後 at | 保険について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。