定年後の給与は現役自体より減るというのは本当?


定年後に再雇用してもらおうと思っている人はどれくらいいるでしょうか?
まだ働きたい、年金が貰えるようになるまでとりあえず働きたいという人はたくさんいます。
なので、再雇用があるととても助かりますよね。

しかし、再雇用してもらうのはとても良い事ですが、
定年後の給与などについては注意しないといけないこともあります。

あまり詳しくない人の場合、今まで貰っていた分の給料を貰えるのでは、と
思う人もたくさんいます。
ですが、定年後の給与は現役で働いていた頃よりもかなり減ってしまうのだそうです。

スポンサードリンク

どれくらい減ってしまうのかはその人によっては差があるかと思います。
多い人だと大体40万円程度定年後の給与が減ることがあると言われています。
それなりの役職に就いていた人の場合はガクッと落ちてしまうことがあるので注意してくださいね。

また、定年後の給与だけではなく、厚生年金に加入して定年後も働くという場合は
一定額を超えると年金の額が減らされてしまうこともあるそうなので、
気になる人はいくら以上になると減額の対象になるのかを調べてみるといいでしょう。

こういったことはあまり気にしていない人も多いですが、
できるだけお金を貯めておきたいと思っているのでしたら知っておくといいかもしれませんよ。



posted by 定年後 at | 貯金や収入に関すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。