定年後雇用義務付け法で定年が65歳に


一般的に定年の年は60歳とされていますよね。
なので定年を設けている会社は60歳になると定年退職するようになります。
早くのんびり暮らしたいと思っているのであればいいかもしれませんが、
まだまだ働きたいのでしたらこの年で定年を迎えるのは少し嫌ですよね。

また、60歳で定年を迎えてもすぐに年金は受け取れません
個人年金に加入しているのでしたらある程度貰うことができるかもしれませんが、
加入していないのでしたら65歳まで年金などの収入がなくなってしまいます。

そういった問題があってか現在では定年後雇用義務付け法というものが成立したようです。
この定年後雇用義務付け法というのは、今まで60歳までだった定年を
65歳にするというものです。

スポンサードリンク

これは平成25年4月以降には義務化されるようになるので、
今働いている会社でも時期に定年が65歳になるかと思います。
中には嫌だと感じる人もいますが、定年後雇用義務付け法のお陰で
無収入の時期が無くなるのはとても良いことなのではないでしょうか。

定年後雇用義務付け法は4月以降にグッと年齢が上がるわけではなく、
段階的に上げていき、4月以降には定年を65歳にするというものです。
人によって感じ方は違うと思いますが、とても有り難いものだと思うので一度調べてみてはいかがですか?



posted by 定年後 at | 仕事関係について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。