定年後の貯蓄額はどれくらいがいいの?


定年後の貯蓄額はいくらくらいあればいいのでしょうか?

定年後の生活を楽しみにしている人はたくさんいます。
仕事などで自分の時間を削られることもなくなり、
自分の趣味にたくさんの時間を使うことができるようになるので
定年後の生活に夢を持っている人が多いと思います。

しかし、一度現実を見てみてください。
自分の趣味に時間とお金を費やせるほどの貯蓄がありますか?
自分のやりたいことをやるという目標を立てるのは良い事だと思います。
ですが、肝心のお金が無いとやりたいこともできなくなってしまうので注意しましょう。

スポンサードリンク

定年が60歳の場合は年金受給開始の65歳まで全く収入が無い状態になります。
ですので5年間収入が無くても生活できるくらいの貯金が必要になります。

定年後の貯蓄額は最低でも3000万円はないと安心できないという意見が多くあります。
これより少なくても生活できるのであれば問題ないかもしれませんが、
月の生活費、年間の生活費を考えると3000万円でもギリギリかもしれません。

再雇用制度などを利用するのであればまた状況は変わってきますが、
働く意思が無いのでしたら定年後の貯蓄額はこれくらい、という
目標を持って働くようにするといいと思いますよ。



posted by 定年後 at | 貯金や収入に関すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。