定年後の給料はそのまま?それとも下がる?


定年後に再雇用制度を利用してまた職場に復帰する、というケースは珍しくありません。
まだ働きたいという意思があり、会社からも再雇用を勧められているのであれば
それを受けるのも方法の一つだと思います。
ですが、この時に気になるのは定年後の給料のことではないでしょうか。

定年後の給料は定年前に貰っていた給料と同額なのか気になる人は多いですよね。
定年後もその給料を貰うことができればいいなと思っている人はたくさんいますが、
現実はそう甘くは無いようです。

定年後の給料は下げられてしまうのが一般的です。
これは再雇用されるとただの職員として扱われることがほとんどだからです。
以前それなりの地位にいたのであれば多くの給料を貰っていたかと思いますが、
一旦辞めてまっさらな状態で同じ職場に就くと給料はガタ落ちしてしまいます。

スポンサードリンク

ですが、会社を辞めて一から職探しをしていたらいつまで経っても就職できないということも考えられます。
それなら今の働き慣れた職場に再雇用してもらった方が安心できるし、
どういう風にすればいいのかも分かっているので就職の面ではかなり楽でしょう。

ただ、再雇用されると今まで部下だった人たちと同等の立場になることもあるので、
もしかしたら部下だった人たちから指示を受けることもあると思います。
それに耐えることができるのかということも考えてみるといいかもしれませんね。



posted by 定年後 at | 貯金や収入に関すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。