定年後の住まいをどうするか悩む人は多い


定年後の住まいをどうするかで悩んでいる人は意外と多くいるのだそうです。
すでに一軒家に住んでいる人の場合はあまり悩むことは無いそうなのですが、
賃貸の部屋に住んでいる人の場合はこのままでいいのか
それとも一軒家やマンションを購入した方がいいのかで悩む人がたくさんいます。

しかし、定年後に一軒家やマンションを購入するのは金銭的に大丈夫なのだろうかと心配する人もいます。
残りの人生のことを考えると思うようにやりたいと言う気持ちがあるので
その勢いに任せて購入する人もいるようですが、
一度冷静になって今後のことを考えてみてください。

スポンサードリンク

自分に子供がいる場合は自分が無くなった後にそのマンションなどを相続させることもできます。
ですが、子供が遠くに住んでいる場合は相続させても管理することができない場合があるので
現実的に考えると少し難しいことが多いようですね。

また、将来身体が不自由になって介護を利用することもあるかもしれません。
そうしたらある程度まとまったお金が必要になってくると思います。
必ず必要になるかどうかは分かりませんが、
自分の健康状態から将来介護が必要になると思うのであれば良く考える必要があります。

定年後の住まいについて否定的なものが多いですが、
思い切ってマンションや一軒家を購入することでより生活が楽しくなった人も大勢いるので
定年後の住まいを購入して良かった人の意見なども見てみるといいかもしれません。



posted by 定年後 at | 老後の過ごし方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。