定年後の失業保険と年金は一度に両方受け取れない


定年後の失業保険と年金を両方受け取りたいと思っている人も多いと思います。
両方貰うことができればそれだけ収入になるので私たちにとっては
とても有り難い事ですよね。

確かに以前は失業保険と年金を両方受け取ることができていました。
だからそれを上手に活用していた人も多いでしょう。
しかし、現在は定年後の失業保険と年金を一緒に受け取ることはできないので注意してください。

もし失業保険を受け取ったのであれば失業保険の支給がある期間は年金を受け取ることができません。
どんなに一緒に受け取りたいと思っていても
失業保険の手続きをした時点で決まってしまうことですので
しっかりと考えてからは手続きをするようにしましょう。

スポンサードリンク

なんで今はそれができないんだと思っている人も多いと思いますが、
これは国が60歳までではなく65歳まで働いてほしいという希望があって
このような方法を取ったのだそうです。

実際、定年後の失業保険と年金を両方受け取ってしまうと収入がしっかりとあるので
それだけでもう働く気が無くなってしまう人が多くなります。

年金財政の悪化というものもあると思いますし、
そもそも失業保険の意味も私たちが思っているものとはちょっと違うので
両方受け取ることができないというのも何だか納得してしまいます。



posted by 定年後 at | 保険について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。