定年後破産とはどんなものか


定年後は自分の好きなことを自由にできるので楽しみにしている人も多くいると思います。
しかし、定年後は何も楽しいことやワクワクすることばかりではありません。
きちんと考えておかなければならないこともたくさんあるので
そこはしっかりと考えるようにしてくださいね。

定年退職の後に気を付けないといけないことは「定年後破産」です。
この文字を見れば大体分かると思いますが、
これは文字通り定年後に破産することを言います。

破産する人なんてなかなかいないだろうと思っている人も多いかもしれませんが、
場合によってはそんな状況になってしまうことも少なくは無いので気を付けるようにしてください。

スポンサードリンク

現在、年金の受給は65歳からとなっていますよね。
しかし、一般的には60歳で定年退職となっています。
中には65歳まで雇ってくれる所もありますが、基本的には60歳までなので
5年間は全く収入が無い状態になってしまいます。

個人年金保険などに加入している場合はつなぎとして受け取ることもできます。
ですがそれだけでは生活をしていけないので退職金を少しずつ使ったり、
貯金を使ったりして生活している人がほとんどです。

何とか5年間暮らしていければ問題は無いかもしれませんが、
貯金の額が少なかったりすると定年後破産の危険性も高まります。

意外と定年後破産は身近なものですので、自分たちが破産しないように
今のうちから計算をしてみるといいですよ。



posted by 定年後 at | 老後生活に関する問題など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。