定年後の税金はどうなるのか


定年後とは言っても税金はしっかりと払っていかなければなりません。
仕事を探してやっていくのであれば収入があるので問題は無いと思いますが、
全くの無収入である場合はどうなるのでしょうか?

定年後の税金については多くの人が考えることだと思います。
税金については仕事をしていたとしても多くの人が悩むことですし、
避けることはできないものですので今のうちにしっかりと考えておくようにしましょう。

定年後の税金は所得があるか無いかによって大きく変わります。
所得税は全く収入が無い状態であれば支払う必要はありません。
ですが、定年後も仕事をしたり給与とは別の収入があるのであれば、
確定申告をする必要があります。

スポンサードリンク

住民税は基本的に所得が無いのであれば支払う必要は無いのですが、
所得があるのであればこちらも定年前と同じように支払っていく必要があります。

このように定年後の税金は所得があるか無いかによって大きく変わります。
以前と同じように仕事をしているのであれば問題はありませんが、
全く仕事をしていないのに税金を払わなければならないのであればちょっと厳しかったかもしれませんね。

この他にも分からないことは多くあると思うので、
まだ定年退職をしていないのでしたら今のうちに調べておくといいですよ。



posted by 定年後 at | 老後生活に関する問題など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。