定年後の仕事と年金について


定年後は年金を貰うことができるので貯金と一緒に使っていけば十分に生活していくことができますよね。
でも中には定年後も仕事をしたいと思っている人も多くいますよね。
そういった場合は仕事をしながら年金を貰うことはできるのでしょうか。

定年後の仕事と年金について悩んでいる人は結構多くいるようです。
仕事をすると収入があるから年金は貰えないのでは、と思っている人もたくさんいますが
実際はそんなことはありません。

ただ、注意しないといけないことがあります。
定年後の仕事と年金を同時にする場合、中には年金の受給額を減額されてしまうことがあります。
これはある条件に当てはまらないと起こらないことなのですが、
仕事の給料と年金の受給額によっては減額の可能性もあることなので良く覚えておきましょう。

スポンサードリンク

減額となってしまうのは毎月の給料とボーナス1ヶ月分、年金1ヶ月分の金額が28万円以上になると
自動的に年金の受給額が減ってしまいます。
これは60歳から65歳未満の人達が対象となっています。
65歳以上70歳未満の人は48万円を超えると超えた分の半分が受け取れなくなるようです。

ですが、これは自営業の人やパート、厚生年金に加入していなければ特に減額にはならないようですので、
全員が当てはまるというわけではなさそうですね。

定年後の仕事と年金についてはこの他にもいろいろと知っておいた方がいいことがあるので、
気になる人は是非調べてみてください。



posted by 定年後 at | 貯金や収入に関すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。